Language
Event information

イベント情報

文化庁移転記念事業「二条城の早春」の実施について

2022年11月18日

世界遺産 二条城では、多くの市民や観光客の皆様に二条城の歴史や文化の魅力に触れていただくため、国宝・二の丸御殿の障壁画や天井画など、間近で鑑賞できる<黒書院> 二の間の特別入室を実施するとともに、展示収蔵館において原画を公開します。

また、非公開の香雲亭では、数量限定の特別昼食を提供いたします。京都ブランドを取り入れた和食を、清流園を眺めながら堪能いただけますので、この機会に是非、二条城へお越しください。

 

1 国宝・二の丸御殿<黒書院> 二の間 特別入室

(1)期間

令和5年1月4日(水曜日)~令和5年1月30日(月曜日)

※毎週火曜日は御殿観覧休止のため、入室できません。

(2)内容

徳川家に近しい大名等が将軍と対面した<黒書院>。通常は、廊下からの観覧ですが、今回、大名等が実際に座った「二の間」に入室いただき、「一の間」の将軍と向き合った往時に思いを馳せていただきます。こちらでは、障壁画(模写画)や天井画(原画)などを間近で御覧いただけるほか、一の間を彩る松竹梅(展示収蔵館で原画を公開)で初春の気分を感じていただけます。

(3)学芸員解説会

〇開催日

令和5年1月6日(金曜日)、1月16日(月曜日)

※解説内容は両日とも同じです。

〇時間

午前10時~(約60分)

〇場所

大休憩所北側 レクチャールーム

〇定員

30名(事前申込制、抽選)

※当選者のみ郵送にて5日前までにお知らせします。

〇参加費

無料(※別途入城料が必要)

〇申込方法

京都いつでもコールに電話、FAX、メールのいずれかで参加希望日(複数日参加不可)、参加者全員の氏名(1回につき3名まで申込可)、ふりがな、代表者の住所・郵便番号、電話番号を明記

 

【京都いつでもコール(年中無休)】

電話:075-661-3755

電話での受付時間:午前8時~午後9時 ※おかけ間違いに御注意ください

FAX:075-661-5855

メール:以下の送信フォームを御利用ください。

https://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000012821.html

〇申込期間

両日とも12月1日(木曜日)から12月20日(火曜日)まで

〇その他

二の丸御殿内での現地解説は行いません。


<黒書院>二の間

<黒書院>二の間から一の間の眺め

 

2 重要文化財・二の丸御殿障壁画 原画公開「新春を 寿(ことほ)ぐ ~松竹梅~」

原画公開第4期目となる今回は、おめでたいものの象徴の一つ、松竹梅が描かれた障壁画の原画を公開します。二の丸御殿には、圧倒的なスケールを誇る松、虎が住む竹林、うっすら雪に覆われた初春の松竹梅などが描かれています。

大画面に描かれた松竹梅のめでたい空間を是非、体感ください。

(1)期間

令和4年12月23日(金曜日)~令和5年2月23日(木曜日・祝日)

※12月29日~31日は休城日のため休館

(2)受付時間

午前9時~午後4時30分(二条城の入城受付は、午後4時まで)

(3)場所

二条城障壁画 展示収蔵館

(4)入館料

100円(※別途入城料が必要)

〈黒書院〉一の間障壁画《松柴垣小禽図》

〈式台〉式台の間障壁画《松図》

 

3 非公開・香雲亭での特別昼食(人数限定・完全予約制)

非公開の香雲亭で、お庭を眺めながら京料理をお召しあがりください。

(1)期間

令和5年1月7日(土曜日)~2月28日(火曜日)

(2)時間

平 日(1部制):正午~

土日祝(2部制):午前11時30分~/午後1時~

※各部28名限定

※それぞれ開始時刻の10分前に香雲亭までお越しください。

(3) 場所

清流園・香雲亭

(4) 価格

3,700円(税込)(※別途入城料が必要)

(5) 申込み

以下の連絡先に、希望日の前日午後3時までに御予約ください。

京料理いそべ 電話:075-551-1203

(予約希望日、氏名、人数、連絡先が必要)

12月1日(木曜日)から受付開始(12月30日~1月4日を除く)

受付時間:午前10時~午後3時

(6) 新型コロナウイルス感染症対策

〇来場者の感染症対策

・会話時のマスク着用 ・トレイ上での料金支払い ・手指の消毒

〇会場の感染症対策

・アクリルパネルでの飛沫感染防止 ・入城時の検温 ・会場内換気

・CO2モニターの設置 ・料理の容器は原則蓋をできるものを使用

・スタッフのマスク着用 ・スタッフからの料理説明を必要最低限に留める

・スタッフの健康管理(毎日、体温等を従事前に責任者へ報告)

TOP