本丸御殿

二条城の紹介

二条城の歴史・見どころ ~ 本丸御殿

※本丸御殿については、現在保存修理工事中のためご観覧頂けません。

本丸御殿

歴史

本丸は城の中心部にあり、内堀で守られた区域です。3代将軍・徳川家光が、1626年(寛永3年)に後水尾天皇行幸を迎えるため、城の区域を西側に拡げ、新たに築きました。その際、本丸内に御殿が建てられましたが、1788年(天明8年)の大火で焼失しました。幕末には、15代将軍・徳川慶喜が御殿を建てましたが、1881年(明治14年)頃に取壊されています。
現存する本丸御殿は、1847年(弘化4年)に桂宮家が京都御所の北(今出川御門内)に建てた御殿の主要部を、1894年(明治27年)に明治天皇の意向により移築したものです。当時は、二条城が天皇家の別荘である離宮として利用されていたからです。

建築

江戸時代の宮家の住宅建築は、全国的にほとんど残っていません。本丸御殿は、当時の宮家の生活空間を知ることができる貴重な例として国の重要文化財に指定されています。また、移築後は、皇太子時代の大正天皇が約10回滞在されたことが伝えられる等、離宮として重要な役割を果たしました。「玄関」、「御書院」、「御常御殿」、「台所及び雁の間」の4棟で構成されます。

本丸御殿MAP

  1. 玄関

    玄関

    本丸御殿の正面入口である、唐破風付きの車寄は、お客様を迎えるに相応しい格調を持ちます。
    お客様は、奥の建物に通されるまで、この建物で控えていました。

  2. 御常御殿

    御常御殿

    政務を行うための御座の間、政務を離れたあと休息するための御寝の間等からなる日常を過ごす建物で、座敷飾の構成や蚊帳釣金具、障壁画等の意匠の随所に特徴が表れています。2階には、眺望の良い数寄屋風の座敷があります。

  3. 御書院

    御書院

    公式な対面所である中書院、来客の控所である小書院(四季の間)等からなる接客を目的とした建物で、床や違棚、障壁画等の意匠の随所に特徴が表れています。中書院三の間は、畳を取り外すことで能舞台に使えるように工夫がされており、公家の接客に能が密接に関わっていたことが分かります。

  4. 台所及び雁の間

    台所及び雁の間

    台所は吹き抜けになっており、梁上に束と貫を組んだ力強い小屋組を見せます。居間である雁の間には、雁がはばたく様子が描かれた障壁画があります。

  • 玄関

    玄関
    本丸御殿の正面入口である、唐破風付きの車寄は、お客様を迎えるに相応しい格調を持ちます。
    お客様は、奥の建物に通されるまで、この建物で控えていました。
  • 御常御殿

    御常御殿
    政務を行うための御座の間、政務を離れたあと休息するための御寝の間等からなる日常を過ごす建物で、座敷飾の構成や蚊帳釣金具、障壁画等の意匠の随所に特徴が表れています。2階には、眺望の良い数寄屋風の座敷があります。
  • 御書院

    御書院
    公式な対面所である中書院、来客の控所である小書院(四季の間)等からなる接客を目的とした建物で、床や違棚、障壁画等の意匠の随所に特徴が表れています。中書院三の間は、畳を取り外すことで能舞台に使えるように工夫がされており、公家の接客に能が密接に関わっていたことが分かります。
  • 台所及び雁の間

    台所及び雁の間
    台所は吹き抜けになっており、梁上に束と貫を組んだ力強い小屋組を見せます。居間である雁の間には、雁がはばたく様子が描かれた障壁画があります。

本丸御殿の障壁画

本丸御殿には、四季折々の植物や風景、風俗をテーマとした障壁画があります。なかでも狩野永岳が描いた松鶴図は圧巻で、鶴の羽を一本ずつ捉えた精緻な描写と鮮やかな色彩が、金砂子が散りばめられた背景に浮かび上がり、格式高い空間を飾るに相応しい逸品です。絵師の多くは京都御所の障壁画制作にも参加した精鋭たち。本丸御殿の障壁画は幕末の宮廷文化を今に伝える、貴重な作品群です。

御常御殿障壁画、狩野永岳筆《松鶴図》
御常御殿障壁画、狩野永岳筆《松鶴図》

保存修理工事

阪神淡路大震災により生じた構造の歪みを修理し、今後も文化財として安全に活用するために、耐震補強を施すため、2017年(平成29年度)から本丸御殿の保存修理工事に着手しています。
2021年(平成33年度)に保存修理工事が完了した暁には、一階部分は通年で一般公開するとともに、御書院の能舞台の設え等を文化イベントに活用する予定です。

TOP