Language
イベント情報

イベント情報

「プレBIWAKOビエンナーレ2020 森羅万象~COSMIC DANCE」の開催について

2020年9月15日

この度,二条城では,新型コロナウイルス感染症対策を講じたうえで「プレBIWAKOビエンナーレ2020 森羅万象~COSMIC DANCE」を下記のとおり開催します。

また,本展は「ニュイ・ブランシュ KYOTO 2020」のプログラムでもあり,10月3日(土曜日)は夜間にも開催いたしますので,是非御来場ください。

 

1 会期

令和2年9月25日(金曜日)~10月3日(土曜日)午前9時30分~午後5時(入城は午後4時まで)

※10月3日(土曜日)のニュイ・ブランシュ当日は午後6時~午後10時も開場(最終入城は,午後9時45分)

 

2 会場

元離宮二条城 二の丸御殿台所・御清所(重要文化財)

 

3 料金

無料(別途入城料が必要)

※10月3日(土曜日)の午後6時以降は展示会場のみ公開のため,入城料不要

 

4 内容 ※敬称略

○BIWAKOビエンナーレを代表する7名の作家による展示

・江頭誠の鮮やかな花柄の毛布による作品

・野田拓真の斬新なデザインの変形屏風の作品

・田中誠人のマシーンから出る風により瓶が音を鳴らす作品 等

○タリナイナニカ(パフォーマー)と伊藤えり(笙奏者)によるパフォーマンス

(10月3日(土曜日)午後6時頃~)

※新型コロナウイルス感染症の影響により,内容が変更になる場合があります。

 

【新型コロナウイルス感染症対策】

○参加者

・マスクの着用

・検温の実施(体温が37.5℃以上ある方など,体調の優れない方は入場不可)

・会場入口にて手指消毒の実施

・京都市新型コロナあんしん追跡サービスへの登録

・会場内でのソーシャルディスタンスの確保

○会場での対策

・人数制限

・手指消毒液の設置

・スタッフの検温,体調チェック

 

5 主催等

主催:文化庁,独立行政法人日本芸術文化振興会,国際芸術祭BIWAKOビエンナーレ実行委員会

共催:京都市,アンスティチュ・フランセ関西

協力:元離宮二条城,MUZ ART PRODUCE

 

6 問合せ先

BIWAKOビエンナーレ実行委員会事務局(NPO法人エナジーフィールド内)

TEL: 0748-26-5832 メール:info@energyfield.org

 

7 参考

<BIWAKOビエンナーレとは>

国内外の芸術家約60組を滋賀県に招請し,近江八幡市・彦根市民と協働で開催する芸術祭。

両市で使われなくなった日本家屋を修繕・清掃のうえアート作品を展示することにより再生し,「BIWAKO ビエンナーレ」の会場として一般に公開する。

会期:令和2年10月10日(土曜日)~11月23日(月曜日)※水曜定休

会場:彦根会場及び近江八幡会場の2エリア

(国宝彦根城西の丸,元遊郭,元銭湯,商店街の空き店舗,近江商人の商家,元造り酒屋など,町に点在する

多彩な伝統的建造物が会場)

公式サイト:https://energyfield.org/biwakobiennale/

 

<ニュイ・ブランシュ KYOTOとは>

京都市の姉妹都市であるパリ市の「NUIT BLANCHE(ニュイ・ブランシュ=白夜祭)に着想を得て,京都市とアンスティチュ・フランセ関西により2011年にスタートした現代アートイベント。

京都市内各地で夜間,現代アートを楽しむことができ,多くの人に親しまれている。令和2年のテーマは「フロー(流れ)」。

開催日:令和2年10月3日(土曜日)

会場(予定):京都駅ビル,アンスティチュ・フランセ関西,京都芸術センター,京都市立芸術大学,

ギャラリー@KCUA(アクア),ヴィラ九条山,元離宮二条城,京都市京セラ美術館,

京都伝統産業ミュージアム等,市内各所で実施

公式サイト:www.nuitblanche.jp(詳細は,順次ホームページに掲載)

TOP